どこここブログ

10年以上続くナナブルクの人生譚

はじめてのUnity

仕事でひょんなことから、Unityを使うことになったのでその所感です。

新しいことを始めるときって、すごいエネルギー使いますよね。ましてやゲームエンジンとか触ったことないですよ。バージョンが違うせいか、インストールからして3回くらい躓きました。

有名所なだけあっていろんな記事があるんですが、初心者は公式が用意してくれているチュートリアルを見ると良いらしく、さっそく見てみたら英語で何言ってんのかわかりませんでした。ただ、調べてみるとチュートリアルの日本語版がまとめられてるページがあったのでそちらで実戦開始。

噂通り、チュートリアルは優秀でした。

なかなか公式の出してるチュートリアルが優秀って珍しくないですか?

Adobeチュートリアルとか教える気ないですよね。

このUnityというゲームエンジンがどういう構造になっていて、それぞれのオブジェクト関係もかなりわかりやすくまとめられています。

でもね、実際触ってみて、分かっちまったんですよ・・・。

結局、プログラム書いとるやないかい!!

一番最初に用意されてるチュートリアル「玉転がし」でさえ、当然のようにプログラムを記述しはじめてて驚きました。結局そうなのねって。Unityなら簡単に!!初心者でもすぐ!!みたいな謳い文句が蔓延っている中、現実はあまくないですね。

確かに言われたとおりやってればチュートリアルはできます。しかし、とてもじゃないですけどこれでRPG作れって言われたら無理です。なにやってんだラブミーテンダー状態です。慣れてないだけっていえばそれまでかもしれませんが、頑張ろう!っていう気持ちにまずなれそうにないです。

反面、ツクールのエディタ画面って凄かったんだなって思いました。

ツクールはクソっていってごめんなさい。

いえ、クソなものはクソなんですけど。

いえいえ、好きですよ?

ツクール大好き。

だからね、何が言いたいかっていうと、MVなんてわけの分からないもの続けなくていいので、はやくUnityやUEに負けないくらいの、3Dツクールを出してくださいってことなんですよ。

これからも丹精込めてMVを育てますって、そりゃストリートファイター5を東京オリンピックまで頑張りますって発表されたときくらい無謀というかやめてくれって感じなんですよ。

そんなわけで、まともな3Dツクールをひとつ、お願いします。

ほんとにまともだったら、10万円だろうが買いますんで。