どこここブログ

10年以上続くナナブルクの人生譚

私の帰る場所

技術があったとしてもゲームとして昇華させることができるかといえばまた別問題で

斉藤敦士さんが個人で作る「ジラフとアンニカ」が18日にとうとう発売だそうです。いやあ、これほどのゲームがブループリントで作られてるなんて、ほんと驚きですよね。一瞬、私たちのようなプログラムができない人間にも希望をもたせておいて、いざブログやらプロフィールを見るとその圧倒的高スペックに愕然とするんですが、でもまあそれはそうでしょうって感じです。3DモデリングもできてモーションもできてAEもできて…ただそれらの技術があったとしてもゲームとして昇華させることができるかといえばまた別問題で、結局はこの人がそれだけの力と行動力を持っていたということに尽きるわけです(HPの下の方見たら関連スタッフが大量にでてるので個人制作・・・?ってなりましたが、この際野暮なことは置いておきましょう)。

UE4で個人制作といえばnocrasさん制作の「黄昏ニ眠ル街」もそうですね。すごい時代になったものです。すごい時代にすごい人たちが合わされば、凄いものができるよなあっていうのをまざまざと見せつけられている気がしますね。それと同時に、やっぱり私はゲームという媒体が好きなのだなあって思うわけです。たまにね、こうして初心を思い出させてくれる存在って必要なんですよ。以前に思い出させてくれたのはなんだったかなあ・・・。

私は技術もやることもやりたいことも全部が中途半端だから、あっちへ行ったりこっちへ行ったり、フラフラしちゃうんでしょうね。ダメだなあほんと、もっと地に足つけて活動できればいいんですけど。イラスト描いてる場合じゃねえぞ!副業受けてる場合じゃねえぞ!同人誌さっさと終わらせてこっち(ゲーム制作)に帰ってこい!──そう自分自身に言われている気がしてなりません。

長門さんのふるいにかけられた者たち

長門さん以外の版権モノを描いてるとものすごく不思議な気持ちになります。専門学生時代はそれが当たり前だったのに、気がつけば長門さんだけを狂ったように描き続けるマシンになってたみたいです。そのことに、今の今まで気づいてなかったことがまずヤバいんですけど・・・。

それはさておいて、他のキャラを描くと単純に表情が描けたり、北高の制服以外を描けたりと、当たり前なんですが新鮮なことだらけなので、今年は長門さん以外も描いていけたらいいなって思う次第です。

f:id:dokococo:20200217102824j:plain

今回描いてみたのは、今期アニメの防振りよりメイプル。検索かけてみるとなかなかマイナーなアニメのようで、ファンアートがそもそも少ない(誰か描いてやれよ!)。面白いかどうかはおいといて、何も考えずに見れるし、メイプルちゃんはかわいいので作業のお供にちょうどいいと思います。

ネオエクスデスもこんな気持ちだったんですかね

いやあ、それにしてもTwitterの反応を見てると面白いんですよ。普通、版権モノって描いたら勝手に伸びるような気がするじゃないですか。でも私の場合、それがびっくりするほど伸びないんですよね。え?オリジナルですか?ってくらい伸びない。もう秩序がめちゃくちゃで笑っちゃうんですが、普通は流行りの絵を描いて母数を増やして、その増えた中の1%が残ってくれたらいいよねっていうのが定石なんですが、私の場合それが長門さんベースになっちゃってるんです。

長門さんで増えたフォロワーのうち、何人が長門さん以外にも興味をもってくれるかっていう──長門さんも版権なのである意味正しいっちゃ正しいんですが──ふふ、宇宙の法則が乱れてて笑います。ネオエクスデスもこんな気持ちだったんですかね。

あまりの伸びなさがむしろ楽しくなってきたので、しばらくこの伸びない具合を眺めながら、世間の動向を追ってみるのも悪くないです。さすがに興味もない版権に手を出す元気はないので、あくまで設定とかデザインが好きなキャラを描けたらいいですね。

風邪攻略RTA

冷えピタくらい冷たいよパトラッシュ

過去最速で風邪を撃退しました!やったぜ!木曜日に風邪の初期症状だと認識してから、速攻で葛根湯を投与し、金曜日を休んでトロピカーナでビタミン摂取し、冷えピタ貼って寝れるだけひたすら寝まくってたら、金曜と土曜の二日間で完治しました。

やるやん・・・やればできるやん・・・。だってこれまで治るのに一週間以上は余裕でかかってた人間ですよ?それがたった2日で完治って相当な記録でしょう。

あまりに嬉しくて嫁さんに、2日で治ったのすごくね?って言ったら、うん・・・でもまあそれが普通で、いつもが普通じゃないんだけどねって言われました。冷たい。あまりに冷たい。冷えピタくらい冷たいよパトラッシュ。

他にいつもと違うことをやったとすればば、なぜか風邪ひいてる最中だってのに、シチューが食べたいからって理由で嫁が帰ってくる前にシチュー作ったり、朝ごはんにサンドイッチ作ってあげたりと、どっちが病人なんだってような立ち回りをしてたことくらいでしょうか。

結果として、気をずっと張っていたというのはあると思います。病は気からってあれ本当だと思うんですよね。そんなわけで私の中の風邪治療法がまた更新されました。風邪は寝ることでしか治らないに加えて、ビタミンとって気をしっかりと持つこと。これに尽きる。R-1が陰ながら頑張ってたとしても、私には知るすべはありません。