どこここブログ

10年以上続くナナブルクの日記

来年公開予定

ここまできたらさすがに来年は来年でしょう

2020年の11月も終わりです。

忍屋開発はわりと進んだ月になったと思います。ろあ君が店処理とエフェクト関連やってくれたのが大きいですが、私もリスポン関連やずっと保留にしてたあれこれを払拭できたのがでかいですね。ずっと喉に刺さった小骨がとれたような気分です。

データベースの値をちゃんと入れてテストプレイすると、このタイミングで回復欲しくなるなあとか、セーブポイントほしいなあとか出てくるもんですね。あと二段ジャンプ習得してなくてもクリアできるマップにしてたつもりが詰みマップになってたり、そういう気づきもありました。

そうそう、今年中の公開が厳しいということがわかってから、オフィシャルサイトの文字を少し変えてました。前まで「二◯二◯年公開予定」だったんですけど、そこをね。

忍屋オフィシャルサイト | どこここ

2020年って、漢数字にしたときの「二◯二◯」がとてもデザイン的に使いやすいし見栄えがいいんですが「二◯二一」にした途端にバランスが崩壊して使いにくくなるんだなあって。

来年冬って書いてますが、春に完成したら春に出すし、夏に完成したら夏に出します。昔なら来年っていつから見た来年なんでしょうね!なんて冗談のひとつでも言ってたところですが、ここまできたらさすがに来年は来年でしょう。さすがにね。

 

虚無感満載の高知旅行

この土日は嫁の家族と遥々、高知県まで行ってきました。この上ない虚無感がびっしりの2日間でした。なんなら48時間寝てたかもしれません。しかし、そんな虚無旅行の中でも、いいところは無いかと5つほど絞り出したので、そこだけ日記にしておこうと思います。

1つ目。瀬戸内海付近で、車から見えた山間の景観がとてもよかった。広島市内ではまず見れない感じ。長野県での景色も感じた、外国へきた感がすこしあった。しかし他の人らは目に見える建物の名前を連呼してるだけだった。

2つ目。夕食の最初に出てきたカクテルグラスに入ったアボガドの謎のサラダがうまかった。逆を言えばそれ以外の料理はほんとあれだった。

3つ目。大浴場というほど広くもない大浴場が貸し切りだった。誰も泊まってないんじゃないかって思えるほどだった。ただコロナのせいでサウナは使えなかった。

f:id:dokococo:20201130133727j:plain

4つ目。坂本龍馬博物館的な場所の屋上の展望フロアで嫁と見た2羽の鳶が近くを旋回してて太平洋の景色と相まって最高だった。博物館の内容はまるで興味がわかなかった。

f:id:dokococo:20201130133741j:plain

5つ目。高知城でおそらく初めて実物の忍び返しを見た。これ忍屋で描くためにググってみたやつだ!ってなった。どうせならググるまえに来たかった。

現場からは以上です!

さらば私の土日

朝目が覚めたら、人知れずろあ君がシステム構築してくれてました。やっぱりアクションにSEがつくと、途端にゲーム感でてきますね。

これを機に、過去録音してもらった椿ボイスを漁ってたんですが、こんなのあったっけ?っていうのも見つかったりして、あれこれ厳選しつつ実装してました。

これを朝のうちに組み込んでコミットしてから、まるで乗り気じゃない嫁家族との高知旅行へ出発です。さらば私の土日。さらばさらば私の開発時間。さらば私の直観を読む時間。さらば私のスト5大会生視聴。さらば私の各ゲーマー人狼生視聴。さらば・・・さらば・・・。