どこここブログ

10年以上続くナナブルクの日記

7.0 黄金のレガシー クリア

FF14バージョン7.0「黄金のレガシー」をクリアしてきました。
今回もいつも通り、ナイトでぶっ通しです。

最後かもしれないだろ?

うーん・・・色々と思うところはあるんですが。

これが的確な表現かわかりませんが「ちょっと丁寧に作ったテイルズかな?」っていう印象でした。

飛び上がってるエスティニアン格好いい

以前、テイルズオブアライズのシナリオFFのこと好きすぎだろ!っていう記事を書きましたが、まさかその逆をやるとは思いませんでしたね。「テイルズにありそう」そんな言葉がよく似合うシナリオだったなあと。

ただ、テイルズだとそこまで丁寧に描かないよ?っていう部分も丁寧に描いてたのは、さすがFF14のシナリオ班の仕事っぷり見たなという感じ。

デートかな?

この丁寧に描くっていうのは「シナリオとして素晴らしい!」というのではなくて「辻褄はあってる」とか「設定自体はピースは揃ってて的確な場所に配置してる」っていうことです。

ナイトのAF装備かっこよ

それらと面白さはまったく別の問題なので「辻褄があってる=面白いシナリオ」というわけではありません。

いつもの

今回もご多分に漏れず、イナナキアでやろうとしてたテーマに似たものが盛り込まれてたので、そこは勉強になりました。なるほど、これをテーマにする場合、主人公がべらべら喋っちゃうと全部安っぽくなっちゃうんだ!ってことに気づけたのは相当でかいです。

ここは開発が用意したSSポイント

黄金のレガシーでいう主人公はウクラマトのことですが、たしかにこの手のテーマをゲームで描いてユーザーに伝えようとした場合、その答えはあくまでもユーザー自身に考えてもらうものであって、答えを開発側がべらべらと喋るもんじゃないですよね。

そんなわけで今回も非常に勉強になるシナリオでした。