どこここブログ

10年以上続くナナブルクの人生譚

ジムに萎えた話

ジムはね、食ったら食った分だけ肉が付く人が行くところなんですよ

風邪を引きかけている気がする。しかしまだ信じない。前回にひいたのが去年の9月16日だったので、150日間は元気だったことになります。私にはわりと頑張ってるほうですが、風邪の流行る時期にひくなんて普通じゃないですか。気が緩んでいるのかもしれない。あと最近ジムへのモチベがだだ下がりなのでサウナに一週間くらい入ってなかったのが原因かもしれない(たぶんちがう)。

簡単に言うと、ジムはね、食ったら食った分だけ肉が付く人が行くところなんですよ。私みたいに、食っても食っても肉にもならないし、相当無理しないと肉にならない燃費悪い人間が行くところではないということが、この数ヶ月でわかりました。そう、タンパク質だけでどうこうなるものではなかったのです。

他にも脂質とか炭水化物も、諸々大量に摂取しないといかんのです。そんな事実を数カ月後に教えてきやがるトレーナーの連中も信用ならんし、パラメータは増える気配はないし、増やそうと思ったら食生活に相当な無理をしないといけないとわかってからやる気は相当に萎えました。

萎えたんですが、サウナに入らなくなったことが原因か、はたまた時期的なものなのか、あるいは最近夜ふかしが続いたせいなのかはわかりませんが、とにかく風邪の初期症状のようなものが出てるので、急ぎサウナにいってみたんですけど、まあ治るわけないですよねっていう状態です。

まだだ。まだ初期症状。いまダウンするわけにはいかんのだ。気を張って、なんとか乗り切りたい・・・。頼む・・・。え?R-1?あいつ未だに毎日飲んでますけど、もはやただのカルシウムと化してます。たとえこの150日間がR-1のお陰だったとしても、わからないですよね。何年も続けてて別に効果を実感できるとかいう代物ではないですから。そろそろ花粉の時期も到来するし、ここが正念場です。