どこここブログ

10年以上続くナナブルクの日記

エアコン設置

嫁の新たな部屋に、エアコンつけてきました。

安心のダイキンです。
私の口座から17万くらい飛びました。

これはもはや誕生日プレゼント。

電気屋の人が取り付けに来てくれたんですけど、その人が室外機の設置をしてる間、このエアコンを眺めてたら、右に1mm傾いてる気がしたんですね。

冷蔵庫のときもそうだったんですが、私は数ミリの傾きも許さないマンなので、今回も水平に取り付けられてるか見てたんですけど、エアコンってドレンの関係でわざと傾けて取り付けるみたいな話もあるくらいなので、これはわざとか?って思って室内に帰ってきたときに聞いてみたんですよ。

私「エアコンってドレンの関係で傾けるみたいな話あるじゃないですか~」

電気屋「あ~なんか聞きますけど、普通は水平に取り付けるんですよ」

私「あ~・・そうなんですね~・・・ちなみにこれって今からでもずらせたりできるんですか?

電気屋「もうできないですね~」

私「傾きもだめですか?」

電気屋「え、傾いてますか・・・?」

私「はい・・・右下にちょっと・・・」

電気屋「あれ・・・」

そういってメジャーを取り出して、脚立に乗って測り始めてくれました。

エアコンの下から天井までの長さを2往復ほど測定して・・・

電気屋「スーっ・・・」

私「ズレてなかったですか・・・?」

電気屋「いや・・・数ミリ・・・ですね・・・」

私「たぶん1,2mmっくらいだと思うんですが・・・」

そういってネジ緩めて直してくれました。

世の中に出回ってるエアコンを傾けるって話はデマだってことがわかって、ひとつ賢くなりましたね。

7.0 黄金のレガシー クリア

FF14バージョン7.0「黄金のレガシー」をクリアしてきました。
今回もいつも通り、ナイトでぶっ通しです。

最後かもしれないだろ?

うーん・・・色々と思うところはあるんですが。

これが的確な表現かわかりませんが「ちょっと丁寧に作ったテイルズかな?」っていう印象でした。

飛び上がってるエスティニアン格好いい

以前、テイルズオブアライズのシナリオFFのこと好きすぎだろ!っていう記事を書きましたが、まさかその逆をやるとは思いませんでしたね。「テイルズにありそう」そんな言葉がよく似合うシナリオだったなあと。

ただ、テイルズだとそこまで丁寧に描かないよ?っていう部分も丁寧に描いてたのは、さすがFF14のシナリオ班の仕事っぷり見たなという感じ。

デートかな?

この丁寧に描くっていうのは「シナリオとして素晴らしい!」というのではなくて「辻褄はあってる」とか「設定自体はピースは揃ってて的確な場所に配置してる」っていうことです。

ナイトのAF装備かっこよ

それらと面白さはまったく別の問題なので「辻褄があってる=面白いシナリオ」というわけではありません。

いつもの

今回もご多分に漏れず、イナナキアでやろうとしてたテーマに似たものが盛り込まれてたので、そこは勉強になりました。なるほど、これをテーマにする場合、主人公がべらべら喋っちゃうと全部安っぽくなっちゃうんだ!ってことに気づけたのは相当でかいです。

ここは開発が用意したSSポイント

黄金のレガシーでいう主人公はウクラマトのことですが、たしかにこの手のテーマをゲームで描いてユーザーに伝えようとした場合、その答えはあくまでもユーザー自身に考えてもらうものであって、答えを開発側がべらべらと喋るもんじゃないですよね。

そんなわけで今回も非常に勉強になるシナリオでした。

FF14の大型アプデ

長いね、FF14の大型アプデは。
忘れてましたけど長いんですよ。

DQXの何倍あるの?ってくらい長い。いや、嘘つきました。もう昔のこと過ぎてDQXの大型アプデがどのくらいの規模だったか覚えてないです。

さて、黄金のレガシーがいまひとつ盛り上がりに欠ける理由のひとつに、新天地の見た目がラザハンと被ってるっていうのが少なからずありそう。

もうあれこれ作りすぎて、むしろ被らないマップを作るほうが大変なんだろうなって。

とはいえ、エリアによってはすごく綺麗な場所もあって、同じ「森」なのに、FF14はよくもまあこんなにもいろんな顔をした「森」を描けてるなあって感心しました。それをいうなら元ネタである「地球」がすごいってことなのかもしれないけれど。

今回は新パッチということもあって、物語をほぼ1から構築するという点においてしっかりと勉強しながら見てるんですが、色々と気づきが多いです。面白くないと感じた場合、何が原因で、どの見せ方が良くないのかなっていうのを噛み砕きながら見てます。

黄金のレガシー、今のところ全然おもしろくないんですけど、この先ワクワクさせてくれる展開になるんですかね。