どこここブログ

10年以上続くナナブルクの人生譚

事故物件

ホラー映画の面倒くさいところって「怖い」思いをした後も引きずることじゃないですか

コロナ騒動になってから映画館には一度も行ってなかったんですが、そろそろヴァイオレット・エヴァーガーデンが公開になるので、その前に一度予習も兼ねて行っておいてもいいなってことで、嫁が見たがってた「事故物件」を行ってきました(ちなみにアプリの段階で、すでに取得できる席が1つ飛ばしかつ、後ろの人とかぶらない方式になってました)。

いやあ、序盤はちゃんと怖かったんですけどね。後半はもうみんな笑ってましたね。でもこれってすごいことだと思うんですよ。ただのB級だったなって思わせて終わりにしてはいけない気がします。ホラー映画の面倒くさいところって「怖い」思いをした後も引きずることじゃないですか。コテコテの話をすれば家に帰って風呂で頭を洗っているときに思い出して・・・とかそういうの。怖い映画は見たいが、日常生活まで怖くしてくれるなって思ってる人は少なくないように感じるわけです。

しかしこの事故物件。中盤まではちゃんとホラーしてるのに、後半があまりにひどいので怖い感覚がどこかへ行ってしまい、見終わった後、家に帰って深夜一人で鏡に向かって歯磨いてるとき、無でしたもんね。一瞬怖いシーンを思い出そうとするものの、B級部分がかき消すわけです。こんな体験は、思えば始めてでした。他人にオススメするか言われればしませんけど、こういうこともあるんですね。

映画見終わったあとは、お昼に牛ハラミ丼と出雲蕎麦食べて、半券見せたら出てきた抹茶のアイス食べて帰りました。来週はいよいよヴァイオレット・エヴァーガーデンですね。チケット争奪戦の行方やいかに!

無思想論者

傷つくのが怖いから先に人を傷つける

なかなかおもしろい記事が流れてきたのでご紹介。こういう記事を見るたびに、Googleスプレッドシートのイナナキアを開いてメモするんですが、いい加減結構な量になってきたので、これを全部昇華するのは無理じゃね?って思うナナブルクですこんにちは。

とはいえ、序盤にメモしたやつってやっぱり浅いんですよ。考えも考察も浅いものが多いから、あまり気にしなくてもいい。そのかわり、エネルギーは感じるんですよね。創作浴に満ちた頃のメモだからエネルギーだけは強い。高校生の頃のメモなんかはさすがにもう見てると恥ずかしくなりますが、いつか機会があればそれも紹介したいですね。とりわけ生徒手帳はやばいことになってます。よく姉にミミズが這ったような字と言われましたが、そのくらい小さい文字で延々とゲームのネタが書いてあります。生徒手帳だけじゃ収まらないので、いくつか手帳を買い足したものです。

ちなにみ上の記事で書いてある内容は、例によってガッチャマンクラウズを見ていれば、すべてそこに集約されている内容ではあるんですが、それでもわかりやすく言葉を噛み砕いて説明してある印象です。ガッチャマンクラウズの内容をギュッと凝縮したのが、ED曲にもなってる「60億の翼」なんですが、この歌詞の中に登場する「傷つくのが怖いから先に人を傷つける」というフレーズの意味の理解が難しくて。その一助となる解説も、上の記事には出てくるので、ぜひ読んでみてほしいですね。

ガルドドン再開

なんだか、まるで盛り上がってるみたいじゃないですか

いやーーあれから5ヶ月以上経って、PLたちもステータス的に強くなったけど、やっぱり結局のところPS依存なんだなって思うナナブルクですこんにちは。

なんの話かってDQXなんですけどね。例のハイエンドボスに勝つことなくフレンドがいなくなり、なんやかんやあって戻ってきたので「やることないし、また挑戦する~?」って話になって。無理やり残りの2人も探してきてくれたので、今こうして再挑戦してるわけです。でも勝てねえ!勝てないけど、あのときよりはいい動きができてるというか、洗練されてる感はあります。たぶん。

今戦ってる「剛獣鬼ガルドドン」は「聖守護者の闘戦記」というハイエンドバトルコンテンツの第4弾なんですが、直に第5弾のボスがでちゃうんですよ。なので、そいつがでるまでに倒しておきたいところ。

第2弾のさそりに比べたら、全然希望あるんですけどね。3日おきに最強レベルが訪れるので、次は日曜日ってことになります。そのすぐあとに大型アプデが入り、新レイドボスのシドーが実装されるはずです。

あれ・・・なんだか、まるで盛り上がってるみたいじゃないですか・・・。まったくそんなことはないんですけどね。ただやっぱり、どこまでいってもMMOは「人」だなって思うわけです。